読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたのしみめも

2017年も機嫌よく過ごしたい…

七草がゆ覚え書き(おもち入り)

f:id:cchoco:20170107221307j:plain

今年は珍しく、七草がゆを食べました。
来年も作る…かもしれないので、覚え書きです。

おもち入り七草がゆレシピ

料理が苦手な私は、おかゆを作ったこともほとんどなく、お米、水の量をどれくらいにしたらいいのかとかがまったくわかりません。こちらのクックパッドのレシピを参考に、ちょっと変えてます。
✿七草粥✿ by ruruchirin [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが256万品


おもちが入っているのがポイントです。

・お米 1合
・水 お米の6倍
・あごだしのもと ちょっと
・七草 1パック
・もち 1個

細かく切った七草と、1cm角くらいに切ったおもちは、仕上げに混ぜ込むだけでOK。
おかゆってお米1合でめっちゃいっぱいできるんですね…。
ちょっと多かったので、次回は半分のお米1/2合で。そのかわりおもちは2個入れてもいいかも。
たまに出てくるもっちりした食感がおいしかったです。
子供はあんまりだったみたいですが、鮭フレークをかけたらぱくぱく食べました。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。
スズナはカブ、スズシロは大根。いまだに覚えられません。

七草がゆを食べたのは、おそらく人生で2度目でした。たしか結婚した当初、はりきって作ったものの、あまりおいしいものではないということがわかり(もともとおかゆが好きじゃない)、それっきり。

今回は、数日前からスーパーで売っているのを見た子供に質問されて、1月7日に食べるもので、お正月に食べ過ぎたお腹を癒してくれるんだよ…などと教えると、食べたい!ということだったので作ってみました。

おせちもそうですが、すごくおいしいってわけではないですが、年に一度決まった時に、決まったものを食べるのも悪くないですね。

博多駅前のイルミネーションは11日まで

f:id:cchoco:20170107130606j:plain

この日はゆっくり起きて、博多へ映画を観に行き、帰りにイルミネーションを見てきました。
お正月休みは終わったけど、まだ冬休み中の子どもといると、なんだかずっとダラダラしてしまってます。

光の街・博多

昨年11月から行われている「光の街・博多」。約70万球の電球が、駅前広場を華やかに輝かせていました。
子供ができてからは、夜に出歩くことがめっきり減ってしまったので、キラキラのイルミネーションを見るのは久しぶり。
「わーきれー」とテンション上がる子どもと一緒に、私もワクワクしてしまいました。

f:id:cchoco:20170107130637j:plain

スカイピラーゲートは、今回からできた新オブジェのひとつ。


f:id:cchoco:20170107130701j:plain

高さ14mの光の塔と光の結晶。色がどんどん変化していって、とってもきれいです。


f:id:cchoco:20170107130721j:plain

こちらは光の森。12本のケヤキが1本ずつブーケのように彩られているウィッシュブーケ。


4月に開業したKITTE博多の2階部分にあるペデストリアンデッキも、キラキラに。ペデストリアンデッキから眺めるのもよさそう。
KITTE博多の上階には、広場側に面したカフェやレストランがあり、そこからイルミネーションを見下ろす景色もすごくきれいだろうなー。

駅前で気軽にみられる割には、規模も大きめできれいなのでおすすめです。今回は11日までで終わりですが、また次も楽しみ。

ルピシア福袋2017「梅」の中身

f:id:cchoco:20170105212725j:plain

今年もルピシアの福袋を買いました。
選んだのは、梅(バラエティー、ティーバッグ)です。
中身はこんな感じでした。

f:id:cchoco:20170105212743j:plain

バラエティーは香りがついた「フレーバード」と、茶葉本来の香りを楽しむ「ノンフレーバード」の両方が入っていて、お茶の種類も、紅茶、緑茶、烏龍茶といろいろ入っていて楽しめます。

昨年はフレーバードのリーフティーを買ったのですが、実はまだ半分くらい残ってまして…

なので今回はいちばん小さい3000円のタイプ。リーフではなく、ティーバッグにしました。
リーフティーのほうが量的には断然お得ですが、入れるのがちょっと面倒だなーと思う時もあるので、飲みたいと思った時に、さっと飲めるティーバッグはやっぱり便利です。

チャイが入っていたのがうれしい。

年中あったかい飲み物を飲むので、食事の時は緑茶、おやつの時はコーヒー、紅茶が欠かせません。
これで今年も、毎日おいしいお茶を楽しもうと思います。